伊吹山麓のログハウスペンションで、オーナーの心温まるおもてなしと本格フレンチで優雅なひとときを。

グルメ

こんにちは!市民レポーターのはるです。
滋賀県米原市で育った私が、ふるさと納税返礼品の素敵な魅力をお届けします。

「ペンションいぶき」1泊2食付きペア ログコテージ宿泊券|ふるさとチョイス
日本百名山の一つ、「伊吹山」の麓にあるオーナー手作りのログハウスの宿です。
“https://www.furusato-tax.jp/product/detail/25214/5204146”

こんな人にオススメ!

● 滋賀県が大好きな方
● 米原観光と伊吹山登山を楽しみたい方
● 自然の中でリフレッシュしたい方
● 日々の疲れを癒したい方
● 家族や友人と共に大切な日を過ごしたい方




ゆったりと時間の流れる空間へ、絶景のロケーションと四季の草花がお出迎え

私の初取材は、米原市上野にある宿泊施設「ペンションいぶき」。

日本百名山で有名な伊吹山の麓で、近くには一級河川の姉川が流れるなど、自然豊かな場所にあります。古くから交通の要所であったことから、国を動かす戦が幾つか起きた歴史的な場所でもあります。

ペンションが近づいてきました。その背景には、どーんと見上げるような伊吹山は迫力満点です。
建物の周囲では四季折々の草花が出迎えて、訪れる人達の目を楽しませてくれます。晴天には、遠くに琵琶湖が見え、夜には満天に煌めく星々を眺めることができます。

ペンションに着くと、オーナーの堀江寛さん・千恵子さんご夫妻が素敵な笑顔で出迎えてくださいました。
今回取材をさせていただくにあたり、アレルギーが有ることを事前連絡したところ、メニューに配慮してくださりました。宿泊の際の心配なこと・不安な事は事前に相談されると◎

「ペンションいぶき」でまず目を引くのは、なんといってもログハウス!本館一棟と、宿泊棟が二棟ありますが、これがなんと、すべて堀江さんの手作りなのです!
最初に建てられた本館のログハウスは、32年前に徳島で原木を購入し、トレーラー2台で持ち帰り、堀江さん自ら皮剥ぎ作業をし、仲間と3か月かけて完成されました。
ログハウスの所々に施されている彫刻もすべてご自身で施したもので、本館デッキ部分の外手摺りは鳳凰(ほうおう)をイメージしてチェーンソーで彫刻されたとのこと。ログハウスへの愛情が感じます。

それでは中を見ていきましょう。

オーナーの多彩な経験と、経年変化で生まれる木の温もりに触れる。

本館入ってすぐの広間は食堂スペース。その脇には、手作りの木製玩具が置いてありました。

「これは知人が趣味で作ってくれた、大人も子どもも一緒に遊べる木のおもちゃ。この他にもからくり人形やオルゴールも作ってくれて。宿泊されるお部屋の鍵にも、この方の作品を使ってますよ!」
お子様を3人育てられたご夫妻だからこそ、木育に配慮されていて素敵!
知育効果で五感や創造性を刺激し、集中力を育んでみてはいかがでしょうか?

本館にあるロフト部分が秘密基地みたいに見えたので登らせて頂きました。
そこにはペンションいぶきさんの歴史を物語るアルバム写真が置いてありました。

堀江さんが独身時代に世界や日本全国を自転車旅された写真、ペンション建設時の写真、宿泊されたお客様の写真などを拝見しながら、当時の思い出を交えてお話を伺いました。

「オープン当時、周りには民宿が多かったのでログハウスはとても珍しかったですね。建設中の様子が新聞に載った時には、まだオープンしていないのに予約で満室になりましたよ。(笑)」
当時を懐かしくお話されるお姿は楽しくて仕方がないといったご様子で、キラキラした目をして冒険をする少年みたい!もう本当にスケールの大きさに声が出ません!(笑)
そんなオーナーさんとの交流もペンションの魅力!ぜひロフトに上ってみて、オーナーさんのお話を聞いてみてください。

すべてはお客様のために。館内に散りばめられた、オーナーからのささやかなおもてなし

お風呂は、お子様連れには嬉しい家族貸し切り風呂と軟水風呂の2か所があります。
「元々窓の外には何もなかったのですが、湯船に浸かる時間も楽しんでもらえるように庭を作っちゃいました!夜にはライトアップもして演出しています。」
窓から外の花木が見られ、湯船から空が見えてホッとする空間でした。

家族貸し切り風呂は、伊吹特産の薬草10種類がブレンドされており、身体が温まり旅の疲れが癒されます。湯船は大人4人が入れる広さで、洗い場も綺麗に清掃されていました。

ふるさと納税でご予約された方に泊まっていただく宿泊棟の前には、これまた堀江さん手作りのトーテムポールが建っています。守り神ですね。

「3棟ある中で一番最後に完成したコテージで、鳳凰の彫刻がきれいに仕上がっている平屋のコテージです。」と堀江さん。
本館の鳳凰とどんな違いがあるか見比べてみてはいかがでしょう?

ベッドは綺麗にベッドメーキングされており、お洒落なカバーが掛けられています。部屋の調度品も、押し花の額が飾ってあったりと落ち着いた空間です。
そして、TVの方に目を引く物が飾ってあります!昔、木から板に加工する時に使っていたノコギリだそうです!その分厚さに驚き!きっと誰もが驚くと思うので、実際に使われていたノコギリを是非見に来てください。

素材選び・食材の種類・栄養素まで、お客様に合わせたお料理で旅のひと時を愉しむ。

さあ、お楽しみの食事の時間です!

食堂には自動演奏ピアノがあり、1970年〜80年代を代表するアーティストの名曲をピアノ演奏で聴きながら、ゆっくりとした時の流れを感じて食事をいただきました。

初めて見た自動ピアノは何で演奏するのかと思っていたら、今はもう見ないフロッピーで動くそうです。
料理の食材は、自家製野菜や地元農産物を中心に、フランス料理を経験した堀江さんと栄養士の奥様が作られています。安心な食材を使い、全て手作りで旬の美味しいお料理を提供されています。

まず、テーブルに並んだ品数の多さにビックリしました!
早く食べたい気持ちを抑えて、1つずつ簡単にご紹介。

<前菜>
シーフードとエスカルゴのガーリック トースト添え

濃厚な味がギュッとつまって美味しかったです。

<スープ>
野菜のチャウダー

野菜本来のうま味をいかした、優しい美味しいスープ。
夏には人気メニューの焼きなすのスープが提供されるとのことで、それを目当てにその時期を狙って宿泊されるお客様が出てくるほど。食べてみたいですね!

<メイン料理>
国産牛ヒレステーキ

ナイフがスーっと入る国産牛ヒレステーキ。牛肉とご飯に合うジンジャーソースに、
焼き加減が調度よいステーキ。

お肉とソースを絡めてお口に。美味しゅうございました。

自家製野菜が周囲を彩り、素材の味が生かされています。
メークインの持つ特徴を活かして作ったガレットが香ばしく美味しかったです。

<サラダ>
旬の自家製野菜サラダ

有精卵から作った自家製マヨネーズには隠し味が施されてあり、食欲をそそります。新鮮
な野菜がマヨネーズとよく合います。

<ライス>
自家製米

白く光りふっくらとしたご飯は、ほのかな香りがして美味しかったです。
同じ市民ライターのつださんが取材された『お米の食べ比べ』の記事でも述べられていますが、米原のお米は美味しいです。特に、伊吹山山麓は水・気候・気温差などお米作りに最適です。
私もついつい食べ過ぎてしまい、ご飯をおかわりするお客様の気持ちがよくわかります。


<デザート3種>
ほうじ茶のブリュレ 杏仁豆腐 抹茶のケーキ

ほうじ茶、抹茶ともに程よい甘さでコクがあり、杏仁豆腐は、プルプルして食感が良く甘すぎず、どれも美味しかったです。

こちらはチョコケーキ・バナナムースのアイスケーキ・キャラメルのババロアの3種。

このババロアは、“ペンションを開店したら絶対に出す!”と決めていたそうで、オープン当初から30年以上、不動の人気を誇るデザートとなっています。上にかかっている飴細工も綺麗です。
「普段は照明を落とし BGM にジャズを流しながら、食事の時間もゆったりと落ち着いた雰囲気で楽しめるようにしてます。」と堀江さん。細かな演出と気遣いに心が温まります。

自身の旅の経験を経てたどり着いた、ペンションいぶきの在るべき姿。

「ペンションいぶき」では、キャンセル料やハイシーズン料金は設定されていないとのこと。
「私たちはお客様の旅のお手伝いをさせて頂いているので、時期によって値段を変えるといったことは行なっておりません。365日、いつお越しくださっても、お客様の記憶に残る旅になるよう、変わらぬサービスを提供しています。」と堀江さん。
ご自身の数々の旅の経験から生まれたであろうポリシーには、すごく感動しました。

「16時20分までにチェックインされたお客様には、日によって夕食の時間まで伊吹山へ案内します。ユウスゲの咲く頃には伊吹山の3合目までご案内。関西の山とは思えないほど綺麗なユウスゲのお花畑が楽しめますよ!」
その他、6月にはホタル鑑賞、スキーシーズンは、お子さんや近所の方が使わなくなったスキー板や服などを無料貸出し。お客様目線で心を込めたおもてなしに、ただただビックリしました。

「私自身が子供の頃に伊吹山やこの地域で楽しんでいた遊びを、宿泊されるお客様に体験してもらえること、楽しんでもらえることがペンションを営む喜びになっています。
一昔前、ペンションへ泊まりに来たお子さんに、楽しい思い出を作って欲しいなと思いシャボン玉を配ったんです。その子が大学生になって、お友達を連れて泊まりに来てくれてね。伊吹山をバックにシャボン玉で遊んだことを覚えてくれていて。
ペンションを経営して31年になりますが、この子が泊まりにきてくれたことはもちろん、“楽しかった思い出”として覚えていてくれたことがものすごく嬉しかったですね。」

また通いたくなる、思い出の場所「ペンションいぶき」。
リピーターさんが7~8割を占めるとのお話しに納得しました。

「ペンション経営32年目に入り、これまで一気に突っ走ってきたけど、やっと今オープン当初に思い描いていた理想のようなペンションになってきて、原点に戻って来れている気がしますね。
毎年出場しているフルマラソンも75歳で出場回数40回を迎えるので、これに参加することがわたしの目標!目標に向けて、ペンションの運営も体力づくりもまだまだ頑張りますよ!」と意気込みを教えていただきました。
人生にはいろんな節目が有りますが、オーナーさんの話を聞いて、私も頑張ろうと思った一日でした。

ぜひペンションいぶきさんに宿泊して、旅の新たな思い出を作っていただければと思います。
心をこめて☆彡

返礼品のご案内

[№5694-0582]「ペンションいぶき」1泊2食付きペア ログコテージ宿泊券

内容:
「ペンションいぶき」1泊2食付き(朝食、夕食)ペア ログコテージ宿泊券
住所:滋賀県米原市上野983-1 伊吹山登山口(伊吹小西隣)
■米原ICから車で約20分
■JR東海道本線近江長岡駅から伊吹山登山口行き、曲谷方面行きバスで15分
(伊吹小学校前で下車して徒歩1分)

有効期限:寄付申込日から1年間

「ふるさとチョイス」から寄付する
「楽天ふるさと納税」から寄付する
「ANAのふるさと納税」から寄付する
「ふるなび」から寄付する

ふるさと納税に関するお問い合わせ:
米原市 まち整備部 経済振興局 シティセールス課
ふるさと納税担当

〒521-8501 米原市米原1016番地
TEL:0749-53-5140
|受付時間|8:30~17:15 (土曜日・日曜日・祝日および12月29日~1月3日を除く)

事業所のご案内

ペンションいぶき
住所:滋賀県米原市上野983-1 伊吹山登山口(伊吹小西隣)
■米原ICから車で約20分
■JR東海道本線近江長岡駅から伊吹山登山口行き、曲谷方面行きバスで15分
(伊吹小学校前で下車して徒歩1分)

ピックアップ記事

関連記事一覧